ψグリフィスψ活動記

Z鯖に生息する模擬屋を生態調査ヽ(`Д´)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

状況判断 応用 解答編

新年明けましておめでとうございます!

今年もつまんないブログですが('-'*)ヨロシク♪

さて年末に出した問いの解答を書かないとね。

 

問い

下図のような状況になりました。
あなたならABCどちらに舵を切りますか?
その理由も述べてください。
【条件補足】
①双方、旗艦がどれかは問いませんので旗艦優先に援護という
  考えは今回は無視して考えてください。
②風向き等も考慮しなくていいです。
③自艦隊5隻・敵艦隊5隻 
  全10隻ともPCのLvは同等と考てください
④ABC間は距離があるものとする

戦術25

解答は続きで

 


状況判断 応用 解答編…の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

戦術理論 | コメント:4 | トラックバック:0 |

状況判断 応用編

チリ海盆にて操舵上げしてて
だからじゃないぞ ヽ(`Д´)ノ!!!!

 

さて問題です。

下図のような状況になりました。
あなたならABCどちらに舵を切りますか?
その理由も述べてください。
【条件補足】
①双方、旗艦がどれかは問いませんので旗艦優先に援護という
  考えは今回は無視して考えてください。
②風向き等も考慮しなくていいです。
③自艦隊5隻・敵艦隊5隻 
  全10隻ともPCのLvは同等と考てください

戦術25

解答期限は2007年内です!


状況判断 応用編…の続きを読む

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

戦術理論 | コメント:12 | トラックバック:0 |

状況判断 補足

( ̄-  ̄ ) ンー 
12/22の状況判断の補足をしておこう。

1vs2の状況判断
① これに関しては相手の腕も関係してくるが、回避の方法
   を熟知しているならさほど怖くない。
   2vs1で簡単に落とせると思ってる人もいるようだけど
   脳筋相手にはまず通用しないと思うよ?
   回避に関しては下記のブログも参照してみるといいです。

    → バターサンドさんBlog
    → 教祖Blog

   コメントで書いてもらっている1vs2での敵側(攻撃)は
   意識が落とす事にいってるので落としやすいとあるけど
   これもペリエ系で予測射程外の位置からのスナイプなら
   十分ありえるかもしてないけど、見える範囲に自分が援護
   に来たら当然警戒するので厳しいと思うな。

1vs2では絶対落ちないヽ(`Д´)ノ

できれば1vs3でも粘る( ̄-  ̄ )

TOPクラスになると1vs4でも粘れる (-。ー;)

>1vs2では絶対落ちない
  絶対とまでいかなくても、ちょいハードルを下げて
  1vs2でも粘る ・・・これができるだけでもいいかもしれない。
  その間に3vs1にして短時間で沈めて、1vs2をフォローに

ただし、1vs2を後回しにするには下記の条件が必須
① 1vs2の僚艦1が旗艦でないこと
  これが旗艦の場合は放置して他いくのは危険
  理由はわかると思うけど、白兵クリが怖い
  1vs2で白兵せずに回避だけで済むならそのまま
  頑張って引きつけてもらっててもOKだが、白兵に入って
  しまっていたら迷わずフォローにいくべき。
  数的有利に進めててもこれで1発逆転はよくある。
  いい例が → 11/18定例模擬戦決勝戦1戦目

  状況にもよるが1vs2で白兵クリを旗艦等が狙われている
  場合などは、クリを狙っている敵艦を牽制してクリ位置から
  外してから2vs1に向かってもいい。
  できれば白兵終了を見届けてからが安全かな。

② 全体の状況を把握して、もし1vs2にさらにもう1隻敵が
  加わりそうな場合はここを優先すべき。
  こちらが1vs3になってしまったんじゃ意味がないよね。

とまあ、理屈だけ話しても始まらないので一度 1vs2 1vs3の
回避練習してみようよ。
たぶん1vs2と1vs3で落ちる時間にはかなり差がでてくるはず。

追記:あくまでも上記は理想の話、自分が全部出来てるかと
     いうと、まだまだかな?
     ついつい目の前の落としやすそうな敵を追っかけたり
     近いとこ優先で行ってしまってる事多々。
     まだまだ全体の戦局を見れるほどはできてないけど
     目標とする理想の形にしていきたいと思っているので
     仲間全員が同じ意識で戦えるようになれば強くなれる
     じゃないかな~と思ってますね。

 


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

戦術理論 | コメント:3 | トラックバック:0 |

状況判断

戦闘をしていると状況判断の連続であり
その判断如何によって戦局は有利にも不利
にもなる。 
 

さてここで問題 ( ̄ヘ ̄)?

フリーの状態になった場合、下図のような状況が2箇所
見えた時に、あなたはどちらに進路をとりますか?

                               

戦術24-1     戦術24-2

            戦術24-3
解答は続きで↓


状況判断…の続きを読む

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

戦術理論 | コメント:12 | トラックバック:0 |

艦隊戦におけるアシスト

( ̄-  ̄ ) ンー これは戦術というより艦隊戦に
おいてのアシストする為のテクニックになるかな。


軍事部の訓練生もそろそろ実戦に突入する頃だし
既存のメンバーにも理解してほしいので、今回は
ケーススタディということで考えながら見てほしい。


赤…自艦
青…敵艦
橙…僚艦


20071031173704.jpg

よくある光景で、敵とすれ違いor1:1での巴状態


この時に僚艦が接近してきた場合のアシストとしての
対処方法を考えてみてほしい。


20071031173716.jpg

この場合、僚艦の合流により2:1の状況になるわけだが
ただ何も考えずに行動するのと、アシストを意識して行動
するのとでは結果は全然違ったものになるはず。


 



3a         3b
A:射線またぎで敵と同方向に        B:そのまま巴で敵ケツを狙う


 


まずここで自分の行動が2択を迫られるわけだが
この選択によって状況も変化する。
目的は敵の撃沈、つまり落とす事が第一になるわけだが
なにも無理に自分で落とす必要はなく、僚艦を上手く誘導して
アシストすることも結果的には同じ事と理解してもらいたい。


 


4a        4b
A:敵の進路を制限させる。         B:僚艦は何もできず。


上図を見てもらえばわかるように、Aのパターンでは
僚艦の速度を活かしたまま敵背後にアシストできそう
であるが、Bでは完全に射線を塞いでいるので僚艦は
旋回等で速度を落とすことになる。


このままの(A)状態を維持すれば、上手くいけば
下図のような形をつくることができる。


 


5a

 
この場合の敵艦の対処方法は限られている。

①僚艦がケツにくる前に自艦に白兵を仕掛けて回避
…ただ白兵になればなったで、白兵後のクリ狙い、つまり
セットプレーのチャンスがこちらにやってくる。
また白兵に来るのを防ぐなら、敵艦との距離を多少とって
おけば問題ナシ、敵があせって頭を向けてくれればこちら
から頭クリ狙うこともできる。
20071101165519.jpg


②自艦側(左)に旋回してクリを回避
…これはこちらにとっては思惑通り、僚艦の速度が乗って
いるので1回目を回避しても再度クリ位置につけるチャンスが
あるので問題ナシ
20071101165536.jpg


③僚艦との射線またぎで、自艦と僚艦の間にケツを向けるように
  旋回(右旋回)して回避
…これの場合の対処方法は自艦の帆調整であえて速度を
落として敵がケツを向けるのを待ってみるのも面白い。
またこの方法(帆を絞る)は一瞬敵の進路が開けるので
左旋回に誘導する事もでき、結果②の状態にアシストできる。
20071101165547.jpg


 


前回のBCで感じた事だが、模擬常連の上手い人と同じ陣営で
プレイした時に、こちらのアシストの行動を瞬時に理解してそれに
合わせて行動してくれたり、逆にこちらのアシストをしてくれたりで
戦っていてとても気持ちが良かったのを覚えている。


どうも自分が自分がで無理やり落としにいってる人が多く
見られるが得てして結果は良くなかったりしてる。


1on1のタイマンなら自分が落とさないと勝てないんだけど
艦隊戦は、いかにして仲間と敵を落とすかが重要だって事を
理解してないような気がする。


当然にチャンスでキッチリ落とす技術は各自が身につけるのは
あたりまえの話。一個人の与撃沈率を上げるという発想ではなく
艦隊全体として、与撃沈を上げる工夫が必要だと思う。


 


注)上記の説明はあくまでもケースバイケースであって
    絶対という方法ではなので気をつけてください。





戦術理論 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。